18金 22金 色の違い

よく18金と22金では色が違いますよね?

と言う話を聞きます。

 

18金は、金の含有量が75%

24金は、金の含有量が100%(正確には99.99%)

なので当然出来上がりのアクセサリーの

色は異なりますが、最も重要なのは

金以外の鉱物の何を混ぜているのか、です。

f:id:aizawa1031jp:20170128142735j:plain

18金ホワイトゴールドを見れば分かるのですが、

同じ18金なのに、金色とプラチナ色の異なる

18金が存在します。

 

 

18金の場合、75%の金に銅の割合を上げれば、

当然皆さんも想像する18金の色になりますし、

パラジウムを混ぜればホワイトゴールドになります

 

よって、色からは単純に18金だとか22金だとかの

判別は厳密には難しいです。

 

なので、どうしても自分好みの色の金色が欲しい

となると、オーダーメードで作る事が出来ます。

 

また、最近ブラックゴールドと言う新色も出始めて

いるので、ちょっと面白そうですね。

f:id:aizawa1031jp:20170128144048j:plain

 

===読者登録お願いします===