読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

香港でアクセサリー会社を10年以上経営するプロが教えるオーダーアクセサリーの作り方

香港でアクセサリー会社を10年以上経営する社長が教えるアクセサリーや香港の話

クロムハーツ風のペンダント+デヴィ婦人風リング

ファッション

新しく注文が来たのは、クロムハーツ風の

ペンダントを作って欲しい、と言う依頼です。

クロムハーツ風と言うのは、自分の中で最も

苦手とする分野で、それはデザインの問題と

なります。 なぜ難しいのかと言いますと、

どれだけデザインを描いてもクロムハーツ

なってしまうからです。 あくまで雰囲気

クロムハーツのようになれば良いのですが、

描けば描くほどクロムハーツに近づいてしま

い、最終的にクロムハーツとうり二つ、と言

うデザインが今までたくさんありました。

 

クロムハーツの写真をコピーして、その上か

ら変更点を付け加えて行く事は簡単なのです

が、それをしてしまうとあくまで土台が

クロムハーツとなってしまうので、独自性が

無くなってしまいます。 ですので、今回も

頑張ってデザインをやって行こうと思います。

 

クロムハーツは、シルバーアクセサリーとし

て初めて世間的にハイブランドとなった

ブランドですので、やはり作りの精巧さ等で

はなく、多くの人に憧れられるデザインと価格

の設定があったのだと思います。

f:id:aizawa1031jp:20170306231751j:plain

 

クロムハーツ風のアクセサリーのデザインを

描く時は、まずお客さんとクロムハーツのど

のデザインが好みなのかを話し合います。

十字架が好きなのか、唐草の様なトライバル

が好きなのか、クロムハーツの文字体が好き

なのか、まずはそこから話をして行きます。

 

例えば十字架が好きだと言う場合、他の

ブランドの十字架の写真も見てもらい、その

他のブランドの写真の中で気に入る物は有る

か、も確認させてもらいます。 そうすると、

段々とお客さんの好みの傾向が分かって来て

いったいどのようなアイテムを好むのかが、

分かります。 そこからデザインを描いて

いくようにしています。 最初の段階で見て

もらう画像は20~30枚ほどです。その中から

気に入る物を選んでもらうと、お客さんの

好みの傾向が出て来ます。 実はこれ、お客

さん自身も驚かれるのですが、自分の好み

がはっきりと出るようです。

 

 

また、同じく頼まれたのは、大きな四角い石

を使った指輪です。 デヴィ婦人や叶姉妹

着けているようなイメージと言えば分かり安

いかと思います。 これはわりと得意な分野

でして、石ありきのデザインとなりますので、

まずは石選びが重要となって来ます。

 今回は、1辺が1,5cmはある大きなアメジスト

を使います。 あの紫の石ですね。

f:id:aizawa1031jp:20170306233124j:plain

お寺に飾って有ったり、数珠などに使われる

事も多いので、年配の方が使われる石と思わ

れる方も多いですが、実はアメジストは磨く

と深い紫になり、非常にキレイな石です。

イメージ的には下記の様な感じをメンズ用に

していく感じとなります。

f:id:aizawa1031jp:20170306233446j:plain

大きな石を使うリングで一番気を遣うのは、

光の取り入れ方です。 当然石が目立つの

でセンターに持ってきますが、アメジスト

は透明度の高い物を使いますので、どれだ

け光を入れられるかを考えねばなりません。

かと言ってリングの土台部分を削りすぎては

貧弱な印象になりますので、そこはバランス

を取りながら、折角の石の見栄えがするよ

うに考えます。

ぜひ、ご興味のある方はアクセサリーの

ご相談を下さい。一生ものを作り上げて

行きましょう。

 

 

 

===読者登録をお願いします===

===お仕事のご依頼はメールにてお願いします===