読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

香港でアクセサリー会社を10年以上経営するプロが教えるオーダーアクセサリーの作り方

香港でアクセサリー会社を10年以上経営する社長が教えるアクセサリーや香港の話

婚約指輪は給与3か月分?

ファッション

結婚指輪は給与の3か月分と昔言われていましたが、

それは日本のある宝飾店が宣伝で言い始めた事と

言われているのは、ご存知の方も多いと思います。

 

給与が20万円なら60万円の婚約指輪

給与が30万円なら90万円の婚約指輪

 

果たして今でもそうなのか、と言いますと、

製造している側の感覚から言いますと、

必ずしもそうではない気がします。 

10万円の指輪を作られる方もいますし、

500万円の指輪を作られる方もいます。

その価格の差は、地金の金額差はそれほど大きく

は無いので、ダイヤモンド等の取り付ける石の

価値による価格差と考えた方が良い思います。

 

そして、給与3か月分の価値と言う話に戻ります

が、これは自分に何か不幸が有った場合、この

給与3か月分の指輪を売れば、3か月間は大丈夫

と言う意味も込められていた、と言う考えも

あるようです。

 

ただし、ここで問題となるのは、果たして

給与3か月分で買った指輪が3か月分の価値で売れ

るのか、と言う事です。 それは恐らく無理です。

そもそもダイヤモンドは、金プラチナを売るよう

な感覚では売れません。 そして自分でダイヤを

鑑定できないので、鑑定士が出した金額が妥当か

どうか確かめようもありません。

ダイヤモンドは買うのは簡単ですが、売るのは

非常に難しい物です。

 

本当に3か月分の価値を求めて買うのであれば、

ダイヤなどの石を使っていない指輪、それも重量を

持たせた金の指輪がいざという時に売りやすく、

価値の有る物と思います。

ただ、仮に24金の指輪を購入したとしても、

なかなか重量のある指輪は重すぎて嫌になりそう

ですし、重たくて迫力の有りすぎる金の指輪を好む

女性も多いとは思えませんが。。。

 

 

===読者登録をお願いします===

===お仕事のご依頼はメールにお願いします===

===  aizawa1031jp@gmail.com  ===