読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

香港でアクセサリー会社を10年以上経営するプロが教えるオーダーアクセサリーの作り方

香港でアクセサリー会社を10年以上経営する社長が教えるアクセサリーや香港の話

1ctダイヤの指輪の値段

ファッション アクセサリー

婚約や結婚する際に指輪を送る事・送られる事

も多く、また自身でご褒美的に指輪を買われる

事も有ると思います。

 

そんなオーダーが有る時、よく1ct以上以下の

話が出ます。

1ctと言うのが、一つの判断基準に入っているのだと

思います。

f:id:aizawa1031jp:20170202134102j:plain

では、1ctとは何なのか、と言いますと、単純に

ダイヤの重さ、です。 1ctのダイヤに大きさを

求めるとすると、それは横幅を求めている事と

思いますので、1ctの中でも縦幅ではなく横幅で

大きいサイズを選んだ方が良い場合も有ります。

f:id:aizawa1031jp:20170202134128j:plain

単純比較すると、

横幅が6mmの1ctダイヤよりも、

横幅が6mmの0.9ctダイヤを選ぶ方が当然安く

なります。カラットは重さですので。

 

あとは、作るリングとのダイヤサイズの相性と

予算で、組み立てて行きます。

 

参考例としてですが、最近のダイヤ市場相場は

かなり上がってしまいましたので、高いです。

1ctでSI2ぐらいの透明度ですと、60万円以上

1ctでVS2ぐらいの透明度ですと、70万円以上

はするかと思います。

 

これにリングの台座(金属代)や加工料などが

加算されると、100万円とかになって来ます。

 

この100万円と言う価格が、もしかしたら

1ctと言うダイヤの価値とリンクしているのかも

しれません。

 

でも、さすがに1ctのダイヤを扱うときは、

本当に綺麗だな、と言う気がします。

作り手としても、このぐらいのダイヤのアイテムを

製造する時は、ドキドキするものです。

 

 

===読者登録をお願いします===

===お仕事のご依頼はDMでお願いします===