香港に会社を設立するメリットとデメリット その費用と設立の流れ

 

香港に会社を設立する手続きの方法

 

そのメリットとデメリットは?

 

=========================================

 

正直に言いますと、メリットとデメリット両方があります。

その辺りをしっかりと見極めてから設立される事をお勧め

します。

 

f:id:aizawa1031jp:20170712234747j:plain

 

=========================================

=========================================

 

 

メリット

 

① 香港では所得税法人税共に16.5%ですので、

日本より税率が安いです。

 

② 経費の使い道に特に指定が無い

極端な話、交際費に経費の50%が掛かろうが、認めてくれる。

 

③ 時計や車なども、必要と判断してくれれば、

経費として落ちます。

 

④ 香港法人での課税はあくまで香港での税の

支払いになりますので、日本で課税されません。

 

⑤ ただし、日本と香港は租税条約を結んでいますので、

香港に預金残高の多い人の情報は、日本へ渡される、

とも言われています。

 

=========================================

 

デメリット

 

① マイナス計上だとしても、法人登録費として、

毎年ランニングコストが掛かります。

おおむね5万円ぐらい

 

② 税理士やエージェントの住所を使用させてもらう

場合、住所使用料が発生する。 おおむね10万円ぐらい

 

③ 毎年決算費用が掛かる。 おおむね15万円ぐらい

 

④ 結局一年の会社維持費として30万円~40万円がかかる

 

⑤ 特に最近、銀行口座の開設が難しい 

開設には相応の理由が必要です。 なぜ香港で会社の口座が

必要なのか、と言う事です。

 

f:id:aizawa1031jp:20170712234932j:plain

 

=========================================

 

香港に会社を設立する手続きの方法

 

自分がメインの会社を設立したのは10数年前ですが、

その後、貿易会社・プロジェクトの為の会社、と3社を

設立した経験から書きたいと思います。

 

① 会社設立の代行会社を探す

ネットで香港・会社設立、と検索すれば、たくさん

会社設立の代行会社が出て来ますので、評判の良さ

そうな所であれば、特に問題は無いと思います。

 

② 会社設立の初期費用

おおむね、2万香港$~3万香港$では無いでしょうか。

日本円で30万円~45万円の間です。 エージェントに

より異なります。 安いと15万円ぐらいでもありますが、

特に安い高いでサービスにそれほどの違いは無いと

思います。

 

③ 会社名を考える

香港では、英語と漢字と両方で会社名を考える

必要があります。

英語名の場合:〇〇 Co., Ltd.

漢字名の場合:〇〇有限公司

となります。

ちなみに、自分は漢字名の方は適当に着けました。

なぜかと言いますと、取引上ほとんど使わないからです。

 

④ 資本金を設定する

香港の会社設立に際する資本金は、基本的に最初に

用意する必要はありません。 ですので、最初から

資本金を500万ですとか、3000万ですとか、自分で

勝手に設定が出来ます。 もしかしたら、1兆円とか

も出来るのかも!ですね。

 

⑤ 会社住所を設定する

基本的に会社設立の代行会社のの事務所の住所を

使うのが一般的です。 設立後は、銀行や政府から

の手紙もその代行会社で預かってくれます。

 

⑥ 銀行口座の開設

現在、ここが一番の問題となります。 突然香港に

会社を設立しても、銀行の方で開設の受け付けさえ

してくれない事が多いです。 マネーロンダリング

を防ぐ目的のようです。

ここは、会社設立の代行会社にきちんと説明を聞き、

前もって銀行開設までもきちんと対応してくれるの

かどうか、の確認をしておいた方が良いと思います。

 

⑦ 銀行口座の開設②

もし、代行会社の方で100%の保証は出来ない、と

言う事でしたら、銀行に友人のいる方を探すのが

良いと思います。 香港はわりとコネ社会の部分も

ありますし、友人ならばどのようにすれば開設でき

るのか、を事前に教えてくれる事もあります。

 

⑧ 決算

香港に会社を設立したら、当然決算業務もあります。

年に一度ですが、この際に政府への登録料や

決算の為の会計士への手数料などが掛かります。

これは、おおむね1~2万香港ドル程度かと思います。

 

⑨ 1年に掛かるランニングコスト

⑧の会計士費用+代行会社の住所使用料が掛かり

ますので、合計で3万~4万香港ドル程度が香港の

会社を維持するコストかと思います。

ですので、約50万円ぐらいかと思います。

 

⑩ いくら以上なら得なのか

⑨で述べましたが、年間に何もしないでも50万円

ぐらいのコストは掛かりますので、香港の会社を

利用して50万円以上の得が日本で無いのなら、

香港に会社を設立する理由は無いと思います。

 

逆に、50万円以上の得が有ると判断するならば、

香港に会社を設立する意味が有ると思います。

 

⑪ 会社を閉鎖する際の費用

自分は会社を閉鎖した事が無いので、詳しくは

分かりませんが、およそ30万円ぐらいの閉鎖費用

が掛かると聞いた事が有ります。

 

 

=========================================

 

会社設立に詳しくお聞きしたい方は

aizawa1031jp@gmail.com までご連絡下さい。