読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

香港でアクセサリー会社を10年以上経営するプロが教えるオーダーアクセサリーの作り方

香港でアクセサリー会社を10年以上経営する社長が教えるアクセサリーや香港の話

香港に会社を設立した方が良い本当の理由とは

ライフ アクセサリー

香港でアクセサリー会社を10年経営する相澤です

=====================================

 

香港で会社を設立した方が良い本当の理由とは?

香港で数社を10年以上持ち、その中から得た

経験からお話しします。

 

=====================================

f:id:aizawa1031jp:20170401233953j:plain

 

日本で会社を持っている方が噂に聞きつけて香港

は税率が低いので、ペーパー会社でも設立した方

が良い、と言う噂話は聞いた事が有ると思います。

 

事実、数多くの方が香港でペーパー会社を設立し

銀行口座まで開設して、数年で閉鎖させている

事実があります。

 

=====================================

 

閉鎖させる理由は多々あるかと思いますが、主な

理由としては、どのように香港の会社を活用すれ

ば良いのかが分からない、と言う事だと思います。

 

=====================================

 

たんに節税の為だけに香港に会社を設立した場合

は、日本の税務署の厳しさや昨今の脱税に対する

国際的な取り締まりの為に、苦しむ事になると

思います。

 

香港HSBCやスタンダードチャータードのような

銀行は、1年ぐらい入出金などの動きの全く無い

口座は凍結します。

( もちろん、事前に手紙などが届きますが )

 

=====================================

 

では、どのように香港の会社を活用すれば良いの

かと言う事ですが、

例えば権利業務などの場合は自分の香港の会社に

その権利を移管すれば良いですし、

実務を日本でやっている会社は、親会社を香港に

して日本の会社の株式を香港会社の所有にすれば

良いのです。

 

=====================================

 

そして、数日前にfacebookに香港の会社設立の

本当のメリットは税率の低さでは無い、と言う事

を書きましたが、実は本当にメリットは他にあり

ます。

 

香港の会社設立の本当のメリットは、その経費の

認められる範囲にあります。

 

日本では売り上げの何%までが遊興費や接待費

何%までが交際費、などと規制が有り、またその

使い道も税務署が細かく指摘してくると思います。

 

=====================================

 

香港では、遊興費や接待費はては交際費などに

関する規制がほぼ有りません。

 

つまり、

1000万円の売り上げがあったとし、

そのうちの990万円の接待費があっても問題は

無いのです。

 

究極の話、ロレックスを買っても、領収書と

その用途(サンプル代・顧客へのプレゼント等)

の理由があれば通ってしまうのです。

 

=====================================

 

そうです。

香港の会社の本当の利点は、この経費構造にあり、

税率の低さではありません。

 

法律の観点から、日本では認められていない事が

香港では認められている、と言うだけの話ですが、

香港に会社を設立される方は、ここをもっと上手

に使うべきです。

 

そしてその会社はペーパー会社で構わないのです。

 

=====================================

 

ネットで調べればたくさんの会社設立コンサルが

出て来ます。 大概の所は問題無いと思いますの

で、問い合わせすると1・2週間ほどで会社が作れ

ると思います。

 

もし不安でしたらご紹介しますので、ご一報下さい。

 

=====================================

 

===  aizawa1031jp@gmail.com  ===

===  facebookやLINE@からのご連絡でも構いません  ===