読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

香港でアクセサリー会社を10年以上経営するプロが教えるオーダーアクセサリーの作り方

香港でアクセサリー会社を10年以上経営する社長が教えるアクセサリーや香港の話

ゴールドとプラチナのアクセサリーどちらがお得なのか

 

アクセサリーを買いに行く時、ゴールドと

プラチナを迷う時が有ると思います。

 

外国ではプラチナはさほど人気はありません

が、日本ではわりと人気が高いと思います。

 

ゴールドでも、日本では黄色いゴールドより

も、ホワイトゴールドの方が人気が高かった

り、ピンクゴールドも人気が有ります。

f:id:aizawa1031jp:20170312013357j:plain

ホワイト・ピンク・イエローゴールドの人気

で言えば、4対2対4、

 

と言う感じですかね。

 

 

そして、そのゴールドと人気を二分している

のがプラチナです。 なぜここまで日本で

プラチナが人気が有るのかは分かりませんが、

f:id:aizawa1031jp:20170312013504j:plain

実はゴールドよりもプラチナの方が希少性が

高い

 

のは事実です。

 

発掘量・埋蔵量共にプラチナの方が格段に

少ないと言われています。

 

 

また、ゴールドはそれこそエジプトの

ピラミッドの時代から発掘されて重宝され

来ましたが、プラチナはまだその歴史は浅く、

貴金属に使われ始めてからは150年ほど

と言われています。

f:id:aizawa1031jp:20170312013658j:plain

 

では、アクセサリーになった時、ゴールドと

プラチナに価格の差はどのぐらいあるので

しょうか? 

 

3月11日時点でのゴールド・プラチナ価格は

24金ゴールド(100%):4630円/g

プラチナ1000(100%):3529円/g

実はゴールドの方が1000円強、高額です。

 

しかし、日本ではこれがアクセサリーになると

価格がゴールド・プラチナ共に同等となります。

 

理由としては、

 

ゴールドは、24金の75%である18金が多いので、

4630円×75%=3472円/g

 

プラチナは、プラチナ1000の90%であるP900が

多いので、

3529円×90%=3176円/g

 

となり、さほど価格差が無くなって来ます。

当然、24金やプラチナ1000(100%)の場合は、

価格が分かり安いですが、アクセサリーには

純度が高すぎる金属は粘性や強度の面から

日本ではほぼ作りません。

(24金を好むのは、インド・中華圏が多いと

思います)

 

ただ、もしお店で18金ゴールドとP900が

同じ値段ならば、現時点では18金ゴールド

の方がお得と考えて下さい。

 

もちろん、アクセサリーを購入する時は

あまり売る事は考えないとは思いますが。

 

また、ホワイトゴールドとイエローゴールド

はどちらがお得なのかと言う質問もあるので

ついでに説明をしますと、正直差は微々たる

ものです。 18金の場合、75%の金の他に

銀や銅などですので、価格には大きな差は

出ません。  

 

また、アクセサリー特に指輪に関しては、

そもそもの金・プラチナの重量が低いので、

店頭では価格にさほど差をつけないのかも

しれません。 

 

指輪は重くても10g~15g程度ですので、

仮に15gであったとしても、合計差は15000円

ぐらいだと思います。 女性用の指輪ですと

ゴールドとプラチナの指輪の素材価格差は

5000円~8000円程度かと思います。

 

 

===読者登録をお願いします===

===お仕事のご依頼はメールにてお願いします===