読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

香港でアクセサリー会社を10年以上経営するプロが教えるオーダーアクセサリーの作り方

香港でアクセサリー会社を10年以上経営する社長が教えるアクセサリーや香港の話

なぜかヨーロッパやアメリカのブランドの出店が早い香港

ファッション

香港はなぜかヨーロッパやアメリカのブランド

がアジアに出店する際に、1号店を出す場合が

多い地域です。

 

理由は税金面や物流面などたくさん有るとは

思いますが主な理由はその地域の狭さかと思い

ます。

 

香港は一都市なのに、一国のような環境になっ

ていますし、多国籍の人が住んでいますので、

モニタリングをするのに適しているのでは?

と思います。

 

香港でウケたから他のアジアに展開をするので

はくて、まずは香港でデータを取ってる、と

も言われています。

 

ジャンポールエヴァンと言うチョコレート

のお店が有ります。

www.jph-japon.co.jp

 

香港での展開は、ショッピングモールの一区画、

それも2・3坪の小さなブースでスタートしたの

を覚えいます。 今では日本でも11店舗を展開

していますが、10年ほど前に香港でスタートす

た時は、ブースのような所からでした。

 

そこで、マーケティングを行い、市場調査を

行っていたのでは?と言われています。

 

 

酒税の無い香港では、シャンパンやワインの

アジア展開の拠点になる場合も多いです。

香港は酒税が無い為、ワインや酒類を輸入する

のにコストがあまり掛かりませんが、その分

競争が激しい地域です。 なのに後から後から

どんどんと新しいシャンパンやワインが発表

されているのに疑問を感じた時もありました。

これは、アジアでの展開拠点にする目的であり、

香港では赤字でも良い、中国や他の国への

展開拠点となればよい、と言う考えのようです。

 

 

また、アクセサリーやジュエリーのブランド

も同じく香港での展開がアジアで最初の場合

が多いです。

 

ルブタンや他のブランドも日本に比べて消費税

分だけが安いだけでなく、さらにそこから5%

安かったりします。 これは、香港にアジア

の拠点を置いて、在庫用の倉庫があるから、

とも言われています。

 

また、ティファニーカルティエなども香港

は日本より安いです。 ティファニーは当然

アメリカのブランドなので、アメリカが安い

と思いますが、アジアの中では香港は安い

部類に入ります。

 

安さを求めて香港で買い物をするのも楽しい

ですが、日本に入っていないブランドや

日本未発売のアイテムを取り寄せてくれたり

するのが香港です

 

また、店頭に在庫の無い物でも、数日あれば

周辺国から取り寄せをしてくれたりもします

数日間香港に滞在が可能ならば、是非そこも

聞いてみて下さい。

 

前もって旅行前にブランドショップに在庫の

確認をしておけば、事前に取り寄せや取り置

きをしてくれるブランドショップも多いです。

 

ブランド店によっては日本人スタッフがいたり、

日本語を話せるスタッフがいたりしますので、

電話番号を調べて聞くだけで、香港に来てか

ら在庫が有りませんでした、と言う事を防げ

ます。

 

 

===読者登録をお願いします===

===お仕事のご依頼はメールにてお願いします===