読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

香港でアクセサリー会社を10年以上経営するプロが教えるオーダーアクセサリーの作り方

香港でアクセサリー会社を10年以上経営する社長が教えるアクセサリーや香港の話

ダイヤモンドはなぜ高いのか

ファッション

宝石の王様に君臨するダイヤモンドですが、

なぜあんなにも高いのか、と言う疑問を持た

れる方も多いと思います。 事実、ただの石

なのに金額が高いです。 金属はその用途が

工業などにも使われますので分かりますが、

ダイヤモンドは基本的に工業用の研磨剤と

して使われる他は、宝飾用として使われるの

が主です。

 

ダイヤモンドの生成には何十億年と言う月日

が掛かると言われています。地球の核近くの

マントルに近い部分で炭(炭素)が、高圧圧縮

されて、地殻変動により地表近くまで上がっ

て来たものが採掘されている、と言われてい

ます。 宝飾用のダイヤモンドを採掘するに

は、約300tを採掘し、1ctのダイヤモンドが

出来上がる、とも言われています。

(詳細は発表されていないのです)

採掘されたダイヤモンドも、内容物により、

宝飾用になるのか工業用になるのか、そこで

もまた分かれ道が有ります。

ようは希少物だから高い値段が付くのです。

f:id:aizawa1031jp:20170302172836j:plain

 

ただ、近年では人工的に作り出す事も出来る

ようで、天然ダイヤの市場に既に紛れ込んで

いる可能性も指摘されています。

まさに、現代の錬金術のイメージです。

ですので、もしかしたら綺麗すぎるダイヤは

避けた方が良いかもしれません。

 

そして都市伝説的に言われているのは、

ユダヤ人が価格を決めているので値段が高い

と言う噂です。 確かに宝石宝飾業界に

ユダヤ人やイスラエル人が多い事は事実です。

しかし、ベルギーのアントワープが世界的に

有名なダイヤモンドの取引所がありますが、

そこの現在のメインはインド系の人たちです。

アントワープに並ぶ宝石宝飾店は、今は

大半がインド系の会社が占めている、と言っ

ても過言ではありません。

f:id:aizawa1031jp:20170302173004j:plain

 

なぜインド系の人たちがダイヤモンドを扱う

会社を多く持っているのかと言いますと、

ひと昔前まで、インドやスリランカでも

ルビー・サファイア・ダイヤモンドが採掘さ

れていました。 そして、その研磨をする

会社もインド・スリランカにたくさんあります。

今では南アフリカなどで採掘された原石が

ベルギーやインドに運ばれて研磨されている

のです。 そして、インドで研磨された石が

高額の物はベルギーの取引所へ、安価な物は

インドから直接世界中へ、と言う流れになって

いるのです。

なので、インド系の会社が多いのです。

 

ダイヤモンドは新品中古問わず金額は同じです。

その時の傷やレベルによって価格が付くだけで

すので、産地もそれほど重要ではありません。

みなさんも、ダイヤモンドの産地は気にしな

いと思います。

 

数量が少ないので金額が高い、希少価値がある

から金額が高い、単純にそういう市場原理に

あるのがダイヤモンドです。

ただし、資産価値としては微妙です。

金やプラチナのように簡単に取引できるもので

は無いからです。

 

 

===読者登録をお願いします===

===お仕事のご依頼はメールにてお願いします===