読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

香港でアクセサリー会社を10年以上経営するプロが教えるオーダーアクセサリーの作り方

香港でアクセサリー会社を10年以上経営する社長が教えるアクセサリーや香港の話

結婚指輪・婚約指輪など指輪が取れない時の方法

香港でアクセサリー会社を10年経営する相澤です

LINE@を始めました。

https://line.me/R/ti/p/%40lub4215y

======================================

 

指輪をしていると、指輪が取れなくなる時が

ありますが、どうすればいいのか?

 

======================================

 オーダーメードアクセサリーはこちら ↓

selfbranding.hatenablog.com

======================================

 

ひどい場合は、救急車を呼んだり、病院に行かねば

ならない時もありますので、注意して下さい。

 

======================================

 

 

 

① 風呂に入る

 

 これは、風呂に入ってムクみを取ると、指のムクみ

 も取れて指輪が外れやすくなる、と言う場合があります。

 

 

② 指に洗剤をかけてみる

 

 これは、洗剤をかけて滑りを良くすると、指輪が

 外れやすくなる場合があります。

 

 

③ 指輪を回してみる

 

 指輪を回しながら、指先の方に引き出そうとすると、

 取れる場合があります。

 

 

④ 救急車を呼ぶ

 

 これは最終手段になります。

 救急車を呼んだ場合、指輪を切断する場合も

 有りますので、ご注意下さい。

 

======================================

 

糸を通して取るやり方も有りますが、糸が通る

ぐらいの隙間があれば、洗剤で滑りを良くすれば、

取れるかと思います。

 

ゴールドやシルバーの場合、曲がりやすい素材の為、

救急隊員の方も少し指輪を曲げれば取れやすくなる、

と言う事を知っていますが、ステンレスや

タングステン素材の場合、指輪を切断するしか無い

場合もあります。ステンレスやタングステン素材の

場合、素材自体が曲がらないから、です。

 

 

ですので、まず指輪を買う場合は、夕方前に買うと

良いと言われています。 これは、一日活動をして

指が適度にムクんでいる時間帯と言われており、

そこでサイズを計った指輪が適度と言われています。

 

 

ですので、夜に選んだ指輪はムクンだ状態ですので、

大き過ぎる可能性が有りますし、朝に選んだ指輪は

細すぎる可能性が有ります。

ですので、指輪を選ぶ際は、昼過ぎから夕方までの

適度に活動した後に選ぶようにするのがベストです。

 

======================================== 

 ダイヤモンドが欠けました ↓

selfbranding.hatenablog.com

 

 

 

===読者登録をお願いします===

===お仕事のご依頼はメールにてお願いします===