読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

香港でアクセサリー会社を10年以上経営するプロが教えるオーダーアクセサリーの作り方

香港でアクセサリー会社を10年以上経営する社長が教えるアクセサリーや香港の話

中国香港の偽物ブランド事情について調べてみました

ライフ

偽ブランドと言えば、韓国・中国・タイなど

途上国に行けば、だいたいどこでも似たような

物が市場に並んでいたりします。

 

香港でも偽ブランドは売っています。

ではどのような流れで売っているのか説明を

しますと、

香港に来る偽ブランドは、中国本土の南部で

作られていると言われています。

 

東莞 → 深セン → 香港 の順に入って

くると言われています。

東莞は広東省や世界でも有数の工場地帯で、

日本の企業もそこに工場を持っている場合も

多く、大小さまざまな工場が乱立している地域です。

f:id:aizawa1031jp:20170214184415p:plain

f:id:aizawa1031jp:20170214184617g:plain

 

東莞は偽物を作る工場は知っていますが、

どこで小売りで売っているかは知りません。

 

広州では、カバン市場や洋服市場があります

ので、そう言った市場に行けば、だいたいの

市場に偽物を扱うお店が入っています。

(市場によっては半分以上が偽物を扱うお店

の場合もあります)

だいたいが、広州駅の近くだったりしますので、

新市街ではなく旧市街の方になります。

 

 

もちろん中国本土でも偽ブランドの製造は

違法ですが、さほど厳しくない取り締まりの為、

工場地帯では、わりと大々的に製造がおこなわ

れています。

以前、外注先に行った時に堂々と一流ブランド

のキーホルダーを製造していたのを見た事も

あります。

 

また、深センから香港への偽ブランドの輸入

ですが、香港は自由貿易でさほど荷物の検査を

しないので、輸入はそれほど難しく無いんだと

思います。

 

そして、香港では、チムシャチョイなどの繁華街

を歩いていれば、偽ブランドを買いませんか?

と外国人に対して声をかけて来ます。

有名なのは、重慶マンションの前ですね。

噂では、そこから路地裏の一室に連れて行かれて

結構な金額を請求される、との事です。

 

モンコックのような下町の露店でも買えると

言われています。

 

東莞で買うと100円だとすると、

広州では200円

深センで300円

香港では600円

そしてそれが日本に行くと3600円に

なると思っていただいて結構です。

そこにはやはり輸送料と税関を抜ける為の

危険料みたいなものが入っているのでしょう。

 

北京・大連を経由して韓国にも偽ブランド

が流れている、と聞いた事もあります。 

韓国で売られている偽ブランドは

主に上海や大連経由で入っているとも

言われています。 

 

 

===読者登録をお願いします===

===お仕事のご依頼はDMにてお願いします===