読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

香港でアクセサリー会社を10年以上経営するプロが教えるオーダーアクセサリーの作り方

香港でアクセサリー会社を10年以上経営する社長が教えるアクセサリーや香港の話

27ctのダイヤモンド

ファッション

ダイヤモンドは主に、アフリカ諸国・ブラジル

で採掘されています。

以前はインドも多かったですが、現在はさほど

採掘量は多くありません。

 

では、採掘された原石はどこに行くかと

言いますと、主にベルギーのアントワープ

世界のダイヤモンドの80%が集まると言われて

います。 小便小僧の像がある国ですね。

f:id:aizawa1031jp:20170201015342j:plain

そして、このアントワープで原石は研磨され、

取引所へと持ち込まれ、世界中のバイヤーやブランド

が購入し、各ブランドのアクセサリーにセットされ、

百貨店などに並ぶ事となります。

 

 

では、残りの20%はどこで研磨されているのかと

言いますと、主にインドです。 以前はダイヤモンドは

ユダヤ人の商売と言われて来ましたが、アントワープ

でも、もちろん香港でもダイヤモンドの商売をしている

人はインド系の人が多いです。

 

もちろん、アントワープで磨かれアントワープ

取引所を通ったダイヤモンドは信頼性も高く、

出来も素晴らしいと思いますが、その分値段が高いです。

 

そこでインドで磨いたダイヤモンドを手に入れると

同じレベルのものでも、値段がグッと落ちます。

 

なぜなら、日本で製造した車と中国製で製造した車を

単純比較した場合、当然中国産の方が安くなります。

これは、人件費などの問題で、誰もが知っている事です。

f:id:aizawa1031jp:20170201021131j:plain

これと同じ理屈で、ダイヤモンドと言えども、

発展途上国で磨いた方が安く上がります。

末端の消費者にとっては、きちんと磨かれてさえいれば

ベルギーだろうが、インドだろうが構わない、

と言う人も多いと思います。

 

ですので、我々はオーダーメードでアクセサリーを

作る場合、予算によってベルギー・インドを使い分けます。

安くて良い物であれば産地を気にしない方もいます。

折角なので、ベルギー産にこだわりたい方もいます。

予算によって、ダイヤモンドのレベル以外に加工地も

工夫し、よりお客さんの満足度を高める努力をします。

これは当然ですよね?

 

そして、以前扱ったダイヤモンドの中で一番高価だった

のは、27ctのエメラルドカットのダイヤモンドでした。

数千万円でした・・・。ここまで行くと博物館級ですね。

f:id:aizawa1031jp:20170201022021j:plain

 

 

===読者登録をお願いします===

===お仕事の依頼は、DMでお願いします===